WHAT’S THE COLOR OF MIRROR?

intext

2019.12.18–2020.2.2

個展|solo exhibition

venue: 幺八二空間 182 AERT SPACE (TAINAN CITY, TAIWAN)

Hong Kong Convention and Exhibition COOPERATION: STANDING PINE
photo: Takehisa Mashimo

インテクストはグラフィックデザイナーの見増勇介、外山央とプログラマーの真下武久で構成されるアートユニットです。彼らは文字や映像、音による情報伝達のあり方を捉え直し、メディアに潜む普遍的なメッセージを見出すことに関心を持ちます。近年では、「DEATH OF FUNCTIONS」と題したテーマのもと、本や辞書を改変・加工して本来の役割を無効化させる作品によって、文字や言語に潜む、コミュニケーションと文化の根元的なメッセージを見事に表出させ、アートバーゼル香港2018のインサイト部門などでも注目を浴びました。

 

DEATH OF FUNCTIONS
 

「DEATH OF FUNCTIONS」は、インテクストのメンバーが普段仕事として扱うような、文字や本などによる「適切な情報伝達」に対するアンチテーゼの表明です。現代における情報は、物質よりもはるかに膨大な「消費」の対象であり、個々に伝達される情報の寿命は極端に短く希薄です。近年「ポスト真実」といったキーワードが取りざたされる通り、現代においては情報の質もまた担保はされず、もはや情報は受容する快楽だけに価値が置かれ、社会一般に蔓延しているようにすら思えます。このような情報をめぐる現状に対して、インテクストの作品はメディアの情報伝達、内容伝達の機能を無効化し、より普遍的なメッセージを浮かび上がらせることで、私たちが情報を読むこと、あるいは見ることとは何かというコミュニケーションの根源的な問題について再考させます。これは現代社会における情報の受容の問題であると同時に、芸術において長らく語られてきた、作品の受容の問題、すなわち美学(感性学)に通底するテーマであり、社会と芸術の両方に新しい視点を提供するものといえます。

 

WHAT IS THE COLOR OF MIRROR ?
 

本展では「DEATH OF FUNCTIONS」のテーマを引き継ぎつつ、インテクストが現在関心を持つ「不定」にフォーカスを当てた作品を新たに加え、幺八二空間 182 artspaceの2フロアを使う規模の展示を行います。「WHAT IS THE COLOR OF MIRROR ?」と題した展示では、私たちが世界を認識する装置(辞書や地図、鏡など)に、インテクストが手を加えて制作した作品を紹介し、多面的で変化し続ける「不定」な世界のありようを、独自の視点で現前化させます。タイトルの「鏡の色は何色か」という問いは、「鏡」が全ての色を持つと同時にどの色でもない、一つに定めることのできない、アンビバレントな状態そのものの魅力を象徴しています。社会がグローバル化し競争が激化する現代においては、迅速な判断や意思決定が好まれ、それを妨げる「不定」な事柄は忌避の対象となりつつあるように思えます。そうした中、私たちの世界が本来的に一様ではないことを再確認し、「不定」であることをポジティブに、また軽やかに捉え直すことで、現代の感性と価値観を見直すことを試みます。

182 Art Space will present a solo exhibition of a Japanese emerging art unit ‘intext’, whose works had been exhibited in the Insights section of Art Basel Hong Kong in 2018. Graphic designers Yusuke Mimasu, Hiroshi Toyama and programmer Takehisa Mashimo form intext, reconsidering the present state of text, image and sound media communications, instead giving rise to a universal message in relation to language and culture. In the exhibition at Art Basel Hong Kong, intext’s works counteracted the function of media and content communication such as books and dictionaries, revealing a more universal message and thereby pressing the viewers to reconsider the core implications of the communication we see, read, hear and touch, under the theme of ‘DEATH OF FUNCTIONS’. Since they received lots of attention in the global art scene in 2018, intext’s works have continued to develop even today.

 

This exhibition will feature intext’s new works expanding the idea of ‘DEATH OF FUNCTIONS’ and focusing on their current interest ‘uncertain’. The title ‘WHAT IS THE COLOR OF MIRROR?’ represents the multifaceted and unstable world of ‘uncertain’ interpreted from a unique perspective by intext. The show introduces intext’s works created by processing the apparatuses such as dictionaries, maps and mirrors, from which we usually understand the world. The question ‘what the color of mirror is’ symbolizes the attraction of ambivalent state itself, in which the mirror is able to reflect all the color in the world but at the same time the mirror itself cannot turn any color. It seems that ‘uncertain’ state has a tendency to be disliked and avoided in the competitive society based on the accelerated globalization for people prefer quick and proper decision. Under these circumstances, intext’s works invite viewers to recognize that our world is not originally the state of being uniform. By considering the state of ‘uncertain’ as more positive and easier, their works aim to reconsider a new viewpoint and sensibility within both art and society today.