phono/graph osaka

intext

2011.1.18–3.9

ddd gallery /

the 178th exhibition “GRAPHIC WEST 3” phono/graph —sound, letters, graphics—

venue: ddd gallery (Osaka, Japan)

 

intext

Lyota Yagi

Nicole Schmid

softpad

Yukio Fujimoto

dddギャラリー

第178回企画展 “GRAPHIC WEST 3”

phono/graph─音、文字、グラフィック─ 

dddギャラリー(大阪)

 

インテクスト

八木良太

ニコール・シュミット

softpad

藤本由紀夫

http://www.phonograph.jp/osaka.htm

イントロダクション

phono/graph —sound letters graphics—

グラフィックスという主役をもり立てる音楽、音楽をより楽しいものとするためのグラフィックスといった考え方は、既に過去のものとなった。

 

現在、私たちが日常、目や耳にするものの多くが、音楽におけるポリフォニー形式のように、文字、グラフィック、音、といった各メロディが絡み合うことで、一つの音楽の形成するようなかたちになっている。

 

また、見ることが即ち音楽の体験であり、音を聞くことが絵画の体験であることは、既に日常生活で行っている。街で目にする商品や建物や表示物の並ぶ光景は、全体で生き生きとしたリズムを作り出し、グラフィックスがそのまま音楽となっている。そして、いたるところから聞こえてくる雑踏のノイズや音楽は、一つ一つが区別されること無く一体化したものとして、音が形として目に入ってくる。

 

私たちは今、目で音を聞き、耳で絵を見ている。

このような考え方は既に一世紀前、イタリアの未来派(Futurism)のアーティスト達によって提唱され、実験されているが、100年を経過した今、手軽なオーディオ/ヴィジュアルの道具を手に入れたことによって、自然な形で表現できるようになった。

そういった、視覚表現、聴覚表現といったジャンルにこだわること無く、軽やかに、音・文字・グラフィックの世界で表現活動している、今回の展覧会に参加しているメンバーの、それぞれの作品がdddギャラリーの空間に展開される。

 

1877年、エジソンによって発明された蓄音機はphonographと名付けられた。音の(phono)記録(graph)であるphonographは、先行して世に出た、光の(photo)記録(graph)であるphotographyとともに、20世紀の情報世界を形成する重要な役割を担うことになった。

 

もともと声として聴覚空間に存在していた言葉は、文字の発明により、さらに、印刷技術の登場で視覚空間の存在となっていった。21世紀の今、テクノロジーの変化により、新しい目と耳の空間が必要とされている。作り手も受け手も、目と耳を柔軟に使いこなすことにより、未知の言葉の世界に歩み始めている

──藤本由紀夫

introduction

phono/graph —sound letters graphics—

The notions of music as a mere soundtrack for graphics, or graphics serving solely to heighten enjoyment of music, are already outmoded.

 

Today, our eyes and ears are awash in an unceasing stream of letters, graphics, and sound, or strands like melodies in musical polyphony, which intertwine to form a single piece of music.

 

In our daily lives, seeing has already become a musical activity, while hearing sounds is like encountering a picture. The merchandise, architectural structures, and signs and displays that make up our cityscapes produce a coherent, vibrant rhythm, with their graphic functions serving to form part of the ensemble. And the ambient noise and music of the urban throng form a wall of combined sound, taking visible shape before our eyes.

 

People today hear sounds with their eyes and see pictures with their ears.

 

Far from new, these ideas were advocated and experimented with a century ago by the Italian artists of the Futurist movement. Now, a hundred years on, with access to user-friendly audiovisual equipment, artists are able to express their ideas in a natural manner.

The works in this exhibition at ddd gallery testify to the ease with which the featured artists manipulate sound, letters and graphics, regardless of limitations of genres such as visual and auditory expression.

In 1877, Thomas Edison invented a machine called the phonograph.
 

Combining the elements “phono” (sound) and “graph” (record), the phonograph joined the already existing photograph, comprising “photo” (light) and “graph” (record), in shaping the world of information in the 20th century.

 

Words originally existed as meaningful voices uttered in the aural ether. Then the invention of writing gave them shape as text, and they flooded our visual environment with the rise of printing technology. With the evolution of technology in the 21st century, our eyes and ears are seeking new realms of exploration. By using their eyes and ears flexibly and ingeniously, both creators and consumers of art have embarked on a journey into uncharted worlds of the word.

—Yukio Fujimoto